智頭急行

智頭急行

(地理)
ちずきゅうこう

智頭急行株式会社(英社名:Chizu Express Co.,Ltd.)は、鳥取県八頭郡智頭町智頭に本社をおく、第三セクター方式の鉄道事業者
鳥取県岡山県兵庫県の3県にまたがる智頭線智頭駅上郡駅)間 56.1kmを運営している。
普通列車のほか、特急「スーパーはくと」(鳥取駅・倉吉駅〜京都駅間)が運行され、特急「スーパーいなば」(鳥取駅〜岡山駅間)も智頭線を通る。

鉄道路線

智頭線

歴史

地元住民による昭和41年、国鉄智頭線として着工されるが、昭和55年に国鉄再建政策の一環で工事は中断となる。昭和61年、住民の強い要望から第三セクター方式で建設を再開。
開業は平成6年12月3日。

意義

開業により、鳥取〜大阪間が所要四時間から二時間半に短縮された。
鳥取県東部と京阪神を結ぶ、(鳥取県民にとって)非常に重要な路線である。
なお、第三セクター鉄道では珍しく黒字経営を続けており、平成18年3月期には全国の第三セクター鉄道で初めて株主への配当を実現した。

主要株主*1

  • 鳥取県 33.9%
  • 兵庫県 13.3%
  • 鳥取市 11.2%
  • 岡山県 8.1%
  • 佐用町 5.1%

*1:2011年3月31日現在

ネットの話題: 智頭急行

人気

新着

新着ブログ: 智頭急行