Hatena Blog Tags

杜甫

(読書)
とほ

中国盛唐の詩人。712〜770
字は子美、号は少陵。襄陽(湖北省)出身。杜審言の孫。
名門の出ではあるが、若いころは貧乏で、30歳までは放浪生活を送る。
長安へ出て科挙に及第できず、李白や高適と交遊する。
40歳で官職を得るものの、安禄山の乱や大飢饉に遭い、苦難の生活を余儀なくされる。
結果、官職を捨て、妻子を連れて放浪の旅に出た。
成都(四川省)に草堂を構えたが、旅の途中、舟の中で没した。
李白と並ぶ詩人で「詩聖」と称された。
詩風は雄渾にして沈痛、細やかに人間心理を穿つ。
『杜工部集』(二〇巻)がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

日本経済の失速を救済するのは、外貨運用による資金調達が可能な企業育成資金の制度以外、方法がない。

□日本経済の失速を救済するのは、外貨運用による資金調達が可能な企業育成資金の制度以外、方法がない。 企業育成資金の概念は、日本が焼け野原で何もなくなった昭和26年に外貨を米国金融機関が貸し付けて、確実に資金を償還する制度として米国ユダヤ人商会のロビー活動の結果、始まったと言えます。 これができたのは、第2次世界大戦時でも、人道的支援を名目に日本はユダヤ難民の受け入れと救済をおこなったということが、世界の金融に対して強い影響力のあるユダヤ商会のロビー活動により、日本の経済的救済をする目的で始まった制度ということは、今は語られない歴史です。 「国破れて山河あり」という漢詩「杜甫」によって書かれた文…