消費者問題

(一般)
しょうひしゃもんだい

消費者の権利や利益を、適正なものにしようとする際に生じる問題のこと。

企業と消費者の間には、資金力だけでなく、情報の質及び量並びに交渉力の格差があり(消費者契約法第1条)、消費者が圧倒的に不利な立場にある。その不利な立場を解消したり改善しようとすることが、消費者問題である。

消費者の8つの権利

  1. 安全を求める権利
  2. 知らされる権利
  3. 選ぶ権利
  4. 意見を聞いてもらう権利
  5. 消費者教育を受ける権利
  6. 生活の基本的ニーズが保障される権利
  7. 補償を受ける権利
  8. 健全な環境の中で働き生活する権利

消費者の5つの責任

  1. 批判的意識−商品やサービスの用途、価格、質に対し、敏感で問題意識をもつ消費者になるという責任
  2. 自己主張と行動−自己主張し、公正な取引を得られるように行動する責任
  3. 社会的関心−自らの消費行動が、他者に与える影響、とりわけ弱者に及ぼす影響を自覚する責任
  4. 環境への自覚−自らの消費行動が環境に及ぼす影響を理解する責任
  5. 連帯−消費者の利益を擁護し、促進するため、消費者として団結し、連帯する責任
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ