深名線

(読書)
しんめいせん

しんめいせん 【深名線】
写真集。撮影は望月健至氏。書名は、かつて北海道に実在した鉄道路線の名前から。副題を含めると「深名線−−北辺への憧憬(しょうけい)−−」が正式な書名となる(と思う)。

内容

営業終了前の深名線を題材とした写真集。北の単線ディーゼル路線を走る鉄道の写真、そして、沿線の風景写真。四季それぞれに様々な相貌を見せる北海道の地と自然が写真に記録されている。そして、そのむこうには、深名線の結ぶ区間のまわりを生活の場所とする人々や動物たち、植物群がいるのである。

書誌情報


ISBN:4896155408

深名線

(地理)
しんめいせん

しんめいせん 【深名線】
北海道に実在した、(鉄道の)路線名。
深川〜名寄121.8kmで、国内最大の人造湖・朱鞠内湖の湖畔を通っていた。1995年(平成7年)9月3日限りで廃止され、翌日よりJRバスに転換された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ