熊谷直実

(社会)
くまがいなおざね

永治元年2月15日(1141年3月24日)〜建永2年9月4日(1207年9月27日)
日本の平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。武蔵国出身。
一ノ谷の戦いで平家一門の平敦盛を討ったことで有名。後に出家して法然の弟子となり蓮生と号した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ