王政復古

王政復古

(社会)
おうせいふっこ

一旦廃止された王政が復活すること。
日本で王政復古といった場合、大抵は幕末のいわゆる王政復古の大号令を指す。
世界史では1660年のイングランド、1814年のフランスなどの例がある。

そのほか日本の王政復古と見られるもの

  1. 中大兄皇子による大化の改新
    • 虚構と見る説、軽皇子(後の孝徳天皇)を首謀者と見る説、中臣鎌足の謀略と見る説もある。
  2. 孝謙上皇による藤原恵美押勝政権の打倒
    • 孝謙天皇の代から光明子(仁正皇太后)・藤原仲麻呂(藤原恵美押勝)が独裁を敷いていたと考えられているが、当代の史料が疑わしいため詳細は不明。
  3. 宇多天皇による寛平の治
  4. 醍醐天皇、村上天皇による延喜天暦の治
    • 後世の誇張が含まれると見る説、延喜の治では醍醐天皇ではなく宇多法皇が政治を主導していたという説もある。
  5. 後三条天皇による藤原氏摂関政治の打倒
  6. 後醍醐天皇による建武の新政
    • 3年足らずで瓦解し南北朝の動乱へと至る。
  7. 織田信長、豊臣秀吉による正親町天皇、後陽成天皇の持ち上げ
    • 信長秀吉とも天下統一のために天皇の権威を高め利用しあっている。

ネットの話題: 王政復古

人気

新着

新着ブログ: 王政復古