紫式部日記

紫式部日記

(読書)
むらさきしきぶにっき

平安時代の仮名(かな)日記。紫式部著。寛弘7年(1010年)ごろ成立か。紫式部が一条天皇中宮彰子(藤原道長娘)に仕えていた時の記録。

  • 中宮出産の記事
  • 同僚女房らへの批評と反省*1
  • 宮仕え記録の断片

からなる。文学作品としてのみならず、史料としても貴重。

*1:かなり辛辣なものが多い。清少納言、和泉式部などに対してもかなり容赦ない

新着ブログ: 紫式部日記