腰越状

(一般)
こしごえじょう

源平合戦後、鎌倉への凱旋を兄源頼朝に拒まれた源義経が、逗留した腰越の地で認めた書状。
頼朝の勘気を解くべく記した弁明書で、宛名は頼朝の側近大江広元

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ