自家中毒

(サイエンス)
じかちゅうどく
  1. 自らの生成した有毒な物質によって引き起こされる中毒症状。現在では、特に小児の起こすものについては、「周期性嘔吐症」あるいは「アセトン血性嘔吐症」と呼ぶようになっている。
  2. 転じて、自意識の過剰から不毛な堂々巡りに陥ること。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ