野矢茂樹

野矢茂樹

(一般)
のやしげき

1954年、東京生まれ。
1985年、東京大学大学院博士課程修了。
現在、東京大学大学院総合文化研究科助教授。
専攻は分析哲学。
日本を代表する哲学者の1人。
 
著書:

  • 『論理学』(東京大学出版会)
  • 『心と他者』(勁草書房)
  • 『論理トレーニング』(産業図書)
  • 『論理トレーニング101題』(産業図書)
  • 『哲学・航海日誌』(春秋社)
  • 『哲学の謎』(講談社現代新書)
  • 『無限論の教室』(講談社現代新書)
  • 『はじめて考えるときのように』(PHP研究所)
  • 『同一性・変化・時間』(哲学書房)
  • 『『論理哲学論考』を読む』(哲学書房)
  • 『ここにないもの――新哲学対話』(大和書房)
  • 『他者の声 実在の声』(産業図書)

訳書:

  • 『ウィトゲンシュタインの講義――ケンブリッジ1932‐1935年 アリス・アンブローズとマーガレット・マクドナルドのノートより』(勁草書房)
  • ルートウィヒ・ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』(岩波文庫)

共訳書:

  • コリン・マッギン『ウィトゲンシュタインの言語論――クリプキに抗して』(勁草書房)
  • アンソニー・ウエストン『ここからはじまる倫理』(春秋社)
  • ロバート・フォグリン『理性はどうしたって綱渡りです』(春秋社)

など。

他に追加・訂正あればザクザクお願いします。>all

ネットの話題: 野矢茂樹

人気

新着

新着ブログ: 野矢茂樹