Hatena Blog Tags

銀塩写真

(サイエンス)
ぎんじおしゃしん

撮影にフィルムを用いる写真。
フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。
さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる(ネガフィルム)。
このように、銀の塩類を感光剤として用いるため銀塩写真と呼ばれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ