銀塩写真

銀塩写真

(サイエンス)
ぎんじおしゃしん

撮影にフィルムを用いる写真。
フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。
さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる(ネガフィルム)。
このように、銀の塩類を感光剤として用いるため銀塩写真と呼ばれる。

ネットの話題: 銀塩写真

人気

新着

新着ブログ: 銀塩写真