PCR

PCR

(一般)
ぴーしーあーる

PCR

(サイエンス)
ぴーしーあーる

Polymerase Chain Reaction の略。
DNAやRNA配列の断片を大量に増幅する分子生物学の手法。
微量のDNA・RNAから、遺伝子を選択的にかつ短時間で増幅することを可能にした方法である。DNA鑑定等に用いられている。
キャリー・マリスはこの方法を考案してノーベル化学賞を受賞した。

原理

  1. 標的二本鎖DNAを高温状態にさらし(約95℃)、一本鎖状態にする。
  2. 温度を下げ(50〜60℃程度。プライマーによる)、プライマーを標的DNAにアニーリングさせる。
  3. Taqポリメラーゼが働くのに最適な温度(約72℃)に温度を上げ、DNAの複製を行う。
  4. 上記の手順をn回繰り返すことで、2^n倍の断片を得ることができる。


目的別で選べるPCR実験プロトコール―失敗しないための実験操作と条件設定のコツ (実験医学別冊)

目的別で選べるPCR実験プロトコール―失敗しないための実験操作と条件設定のコツ (実験医学別冊)

ネットの話題: PCR

人気

新着