Hatena::ブログ(Diary)

ダダステーション

2015-12-13

愛、それは渋谷一丁目一番地。

ぼくが代表を務める会社、ファンコミュニケーションズの本店所在地は渋谷区渋谷1丁目1番地8号。「1丁目1番地」とは今も昔も物語の原点。そう、まさにここが渋谷の中心地であります。

10年ほど前、ぼくは知り合いに紹介してもらった風水師にオフィスを見てもらったことがあります。社長の席はどこにしなさいとか、グリーンをどこに置きなさいとか、黄色い置物を買いなさいとか、いろいろアドバイスしていただいたんですが、そんな話、ほとんどうわの空で聞いていました。けれども、その風水師が怪しげな日本語で放った次の言葉にぼくは惹きつけられました。

風水師「これからは風水的に8の時代です。」

ぼく「まっ、まじですか!!」

何の文脈から数字の話になったのかよく憶えていませんが、この一言は鮮烈でした。何せ我々が展開しているサービスはA8ネット。「8」がつくじゃないですか!!!さらにオフィスの住所も8号じゃないですか!!「やったー!、勝ったぞー!」(何がw)

それからです。ぼくが「8」にこだわりだしたのは。パチンコではあえて確変の7を狙わず8を狙い、桃栗3年柿8年の柿を好んで食べ、七草には1品加えて8草にし、北に七五三の家族がいれば8年目のお参りも勧め、ビリヤードではエイトボールポケットに入れることだけにすべてをかける。そう、まさに「8」を中心に生きてきたのです。

そしてぼくは今、当社のオフィスがある渋谷1丁目1番地8号にある青山ダイヤモンドビルの8Fで犬と一緒に仕事をしているわけです。

そうそう。数字の話と言えば、当社の証券コードは「2461」です。ここには8がありません。少しがっかりしましたが、よく考えると246で1、246号線で1番。おおおっ!そう、私たちのオフィスは国道246号線沿いにあるのです。俗称、青山通り。なんと覚えやすい数字でしょうか。投資家の皆さんも決して忘れることはないでしょうw

それと同時に「これはとんでもない数字をもらってしまった」と思いました。国道246号線沿いで1番にならなければならない運命の企業になってしまったのです。初めはこのプレッシャーで夜も眠れない日が続きました。「俺たちは何で1番になればいいのか?」自問自答が続きます。売上か?利益か?社員数か?オフィスにいる犬の頭数か?本当に悩みました。そしてこの苦しみから抜け出すために、とりあえずいつものようにいい加減に決めましたw

「そうだネット企業と言われる分野で1番と呼ばれる会社なろう」と。

すると、もう一人の自分が言いました。

「おいおい、IT企業というと246号沿いにはあのお世話になっているGMOグループがあるぞ。」
熊谷社長ごめんなさい」(何がw)

おっと、話がずれました。今回はそんな話をするためにブログを書いているわけではありません。
愛です。渋谷区渋谷1丁目1番地に対する果てしなく、そして深い私たちの愛の話です。私たちはこの地をこよなく愛してます。

まずはこの愛が溢れる写真を見てください。
f:id:ankeiy:20150403145903j:image:w360

私たちはこの地を愛するあまり、2004年に4Fワンフロアを借りたその日から「渋谷1丁目1番地物語」を紡ぎはじめ、今やオフィスのオーナーが所有する9F、店舗が入る1Fと地下を除いて、ほとどんのフロアを事務所に使っています。そしてこの愛は今や頂点に達し、そろそろ5Fを借りている会社にも届いて「ファンコミさんがそんなにこの場所を愛しているのなら私たちは引っ越しますからこのフロアもぜひ使ってください」と言っていただける日が来るような気がしてなりません。

ちなみに先日、総務の人間が5Fを訪ね「あのー、」といった瞬間に、

「私たちに移転の予定はありません」

ときっぱりと断られてきました。


まだ愛が伝わっていない・・・・。

それでも私たちの渋谷1丁目1番地に対する愛はさらに日に日に大きくなるばかりです。そんでもってそんな思いを、ぼくと副社長で組む音楽ユニット「ファンクスブラザーズ」で曲にのせたのでした。

今回はその紹介でブログを書いているのです。ぼくらの渋谷1丁目1番地に対する愛を70年代の形で表現してしみました。そう、もう一言付け加えるならぼくらの青山通りに対する思いは70年代からなんら変わっいないのです。曲名はズバリ「ようこそ、渋谷一丁目一番地」です。



ちなみにこの曲はファンクスブラザーズの2曲目です。1曲目をまだ聞いていない方はそちらも聞いてみなければなりません。こちらはネット広告会社の「広告トラッキングの悲哀と革新」を唄った「Tracking Sensation」です。2曲聞いていただければ、ぼくらの音楽に対する一貫したコンセプトを理解していただけるはずです。



それでは今年もあととわずか。風邪など召さぬよう皆様には素晴らしいキューティクルが輝く山下達郎が奏でるクリスマスが訪れますようお祈り申し上げます。

@ankeiy