スマートフォン用の表示で見る

サウジアラビア

地理

サウジアラビア

さうじあらびあ

アラビア半島イスラム王政国。1932年にイブン・サウードによって建国された。世界最大の産油国であり、両聖地(メッカメディナ)の守護者としてアラブの指導的地位にある。

国旗は緑色。白い文字は「アッラーの他に神はなく、ムハンマドアッラー使徒である」というイスラム教の信条。その下に、抜かれた剣が信条と平行に描かれている。

国旗は日の出から日没まで、政府公共機関の建物、同国大使館、領事館に掲揚され、重要な国の行事にも掲揚される。国境、警察署、税関、国境警備隊、空港、海港では、昼夜を問わず掲揚されなければならない。

国旗に書かれたイスラム信条を汚さないため、国旗を半旗にしたり、地面や水につけたりしてはいけない。

フセイン政権時のイラク国軍兵のなかに傭兵としてサウジアラビア人がいたことやアルカイダに資金援助した形跡から、アメリカテロリスト援助国としての疑惑をかけられた事もある。