スマートフォン用の表示で見る

ハコスカ

一般

ハコスカ

はこすか

日産自動車の乗用車・スカイラインの内、昭和43年〜47年まで生産された3代目・C10型の通称。

昭和41年プリンス自動車日産との合併後初めて発売されたこのモデルから、正式な車名が「プリンス・スカイライン」から「ニッサンスカイライン」になり、搭載されるエンジンもGT系の直6・2リッターはG7型からL20型へと変更された。

主に初代「GT-R」ことPGC10型やGC10型「2000GT」を指すことが多いが、直4・1.5〜1.8リッターのファミリー向けグレードも用意されていた。