スマートフォン用の表示で見る

マラリア

伝染病。

ハマダラカ属の蚊の媒介によりマラリア病原虫が、赤血球にはいり血球を破壊する。

症状として、熱発作・悪寒せんりつが起こる。熱帯熱・四日熱・三日熱などの型がある

マラリア原虫を持つ蚊に吸血され、人の体内でマラリア原虫が侵入してから発症するまでの期間(潜伏期)は熱帯熱マラリアで12日前後、四日熱マラリアは30日、三日熱マラリアと卵型マラリアでは14日程度と報告されている。