スマートフォン用の表示で見る

愛社精神

一般

愛社精神

あいしゃせいしん

自ら勤める会社を愛する気持ち。

経営者に対する忠誠心とは別次元の問題であるが、よく混同される。

 高度経済成長期の原動力となったイデオロギー

 かつて日本の企業が社員に対して個人の能力発揮以上に強く求めた価値で、新入社員教育と言えば、実務的なものより愛社精神醸造に多くの時間を割いた。バブル崩壊後、日本式経営に対する懐疑が広がり、かつてほど重視されなくなったように思われる。