スマートフォン用の表示で見る

安岡正篤

一般

安岡正篤

やすおかまさひろ

学者・思想家陽明学国学を専攻。

終戦に際しては詔勅を起草したと言われている。

明治31年(1898年)大阪市旧順慶町出身。四條畷中学・第一高等学校・大正11年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。 東洋政治哲学・人間学の権威。既に20代後半から陽明学者として政財界、陸海軍関 係者に広く知られ、昭和2年に財団法人金鶏学院、次いで日本農士学校を創立、 東洋思想の研究と後進の育成に従事。

戦後、昭和24年に師友会を設立財界リーダーの啓発・教化につとめ歴代首相より諮問を受ける。 平成の年号の考案者として知られる。また"宏池会"の名付け親でもある。

昭和58年12月13日逝去。