Hatena Blog Tags

安岡正篤

(一般)
やすおかまさひろ

学者・思想家。陽明学・国学を専攻。
終戦に際しては詔勅を起草したと言われている。

明治31年(1898年)大阪市旧順慶町出身。四條畷中学・第一高等学校・大正11年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。 東洋政治哲学・人間学の権威。既に20代後半から陽明学者として政財界、陸海軍関 係者に広く知られ、昭和2年に財団法人金鶏学院、次いで日本農士学校を創立、 東洋思想の研究と後進の育成に従事。

戦後、昭和24年に師友会を設立。 財界リーダーの啓発・教化につとめ歴代首相より諮問を受ける。 平成の年号の考案者として知られる。また"宏池会"の名付け親でもある。

昭和58年12月13日逝去。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

笹川記念会館、船の科学館、箕面市の箕面の滝に向かう道(通称「滝道(たきみち)」)および全国の競艇場などの競艇関係の施設(日本財団ビルにはない)に笹川良一の孝子像(こうしぞう)が存在する。これは、笹川が59歳のとき、82歳の母親テルを背負って金毘羅参りのため、785段の石段を登っている様子を表しているとされる。 「母背負い 宮のきざはしかぞえても かぞえつくせぬ母の恩愛」 「世界は一家、人類は皆兄弟」 との碑文が刻まれている。なお同銅像は、笹川の生前に建立され開示されたものである。

笹川良一 日本の政治家 / ウィキペディア フリーな 百科事典 巣鴨拘置所 松井石根 A級戦犯 笹川 良一(ささかわ りょういち、1899年〈明治32年〉5月4日 - 1995年〈平成7年〉7月18日)は、大正・昭和時代の日本の政治家、社会奉仕活動家 。大阪府三島郡豊川村小野原(のちの箕面市小野原)出身。座右の銘は「世界一家 人類兄弟」。 日本の政治家 笹川 良一 生年月日 1899年5月4日 出生地 日本・大阪府三島郡豊川村小野原(現:箕面市小野原) 没年月日 1995年7月18日(96歳没) 死没地 東京都中央区明石町(聖路加国際病院) 出身校 大阪府茨木市立豊川小学校 所属政党 (無所属…