スマートフォン用の表示で見る

井の頭恩賜公園

地理

井の頭恩賜公園

いのがしらおんしこうえん

公園

通称:井の頭公園恩賜公園のひとつ。約380,000平方メートル

東京都武蔵野市三鷹市にまたがる都立公園。中心にある井の頭池は玉川上水と並ぶ江戸時代の二大上水であった神田上水の源であり、石神井池・善福寺池と並び武蔵野三大湧水池として知られている。

明治維新後、民間所有をへて東京府が買い上げ、明治22年(1889年)宮内省の御用林となる。

大正2年(1913年)に東京市に下賜され、大正6年(1917年)に恩賜公園となり、日本初の郊外公園として一般公開された。