スマートフォン用の表示で見る

円山応挙

アート

円山応挙

まるやまおうきょ

近代日本絵画への展開の素地を築いた江戸時代のなかばに活躍した絵師(1733〜95)

新たな「写生」の概念を確立し、わが国の従来の絵画観を一変させた。

虎の絵を得意とした。