喘息

(サイエンス)
ぜんそく
  • 気管支炎喘息

肺の末端細胞が肺から遊離して、酸素供給量が著しく低下する病気。とても苦しい。現在は予防療法が一般的だが、発作が起きてしまったときは、気管支拡張剤を用いて治療する。発作にはロイコトリエンの関わりが深いとされ、ロイコトリエンを抑止することで、発作を未然に防ぐこともできる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ