スマートフォン用の表示で見る

橋本忍

映画

橋本忍

はしもとしのぶ

脚本家

1918年(大正7年)4月18日、兵庫県神崎郡鶴居村鶴居(現在の市川町鶴居)に生まれる。1938年(昭和13年)に徴兵されるが、軍隊生活中に肺結核にかかる。闘病生活の中でシナリオ作家を志し、映画監督・脚本家の伊丹万作に師事。

1950年昭和25年)、黒澤明監督「羅生門」でデビュー。以後、「生きる」七人の侍」「生きものの記録」等で、黒沢明監督とともにシナリオの共同執筆に携わり、脚本家として地歩を固めた。

張込み」「砂の器」(監督:野村芳太郎)等に代表される松本清張作品の映画化、「白い巨塔」(監督:山本薩夫)、「切腹」(監督:小林正樹)、「日本のいちばん長い日」(岡本喜八)、「日本沈没」(森谷司郎)、「八甲田山」(舛田利雄)など、常に映画史に残る作品を書きつづけてきた。

1982年昭和57年)に自ら監督した「幻の湖」はカルトムービーとして知られる怪作。

必殺シリーズ』『子連れ狼』などで知られる脚本家・國弘威雄(故人)は彼の弟子筋であり、『風林火山』では共同で脚本を執筆している。