スマートフォン用の表示で見る

月岡芳年

アート

月岡芳年

つきおかよしとし

「最後の浮世絵師」と呼ばれ、残酷絵・無残絵で知られる画家。

(1839-1892) 幕末明治前期の浮世絵師。月岡雪斎の養子。後年は大蘇を名のる。歌川国芳浮世絵を学び、のち洋画を摂取。明治期には絵入り新聞などに挿画を描いた。

三省堂提供「大辞林 第二版」より