スマートフォン用の表示で見る

抗生物質

サイエンス

抗生物質

こうせいぶっしつ
こうせいぶっしつ 【抗生物質】 "antibiotic" ([C] pl. -s)
医療において微生物や細菌の増殖を防ぐために用いられる物質。ペニシリンが嚆矢。抗生物質の発見は、感染症の治療における一つのエポックであった。対象となる細菌の種類に応じて、いくつかの系に分類される。現在ではセフェム系抗生物質(広範なスペクトルを持つ)が多く用いられている。近年、抗生物質に耐性を持つ細菌が報告され、感染症治療の分野における新たな課題となっている。

こうせい-ぶっしつ【抗生物質】カウ…(antibiocics)かびや放線菌・細菌によって作られ、他の微生物を抑制し、または制癌作用を持つ物質。ペニシリンが1941年再発見されて以来、ストレプトマイシンクロロマイセチンテトラサイクリントリコマイシン等多数発見され、医薬以外にも農薬・食品保存薬などとして使用。

広辞苑

:医薬品