スマートフォン用の表示で見る

鴻上尚史

アート

鴻上尚史

こうかみしょうじ

劇作家、舞台演出家、映画監督

1958年8月2日生まれ。愛媛県新居浜市出身。


劇団「第三舞台」主宰。


1980年早稲田大学2年生のときに早稲田大学演劇研究会へ加入、学内アンサンブル「早稲田新機劇」に所属し、演劇活動を始める。3年生になった1981年、麻雀の面子を集めている最中に大高洋夫に言われた「そろそろ、腰上げたら」の言葉をきっかけにして、大高、岩谷真哉、名越寿昭らと共に第三舞台を旗揚げする。処女作は「朝日のような夕日をつれて」。

以後、劇団主宰・座付き作家・演出家として活動を続け、1985年には紀伊国屋ホールに進出。当時一世を風靡していた小劇場ブームにおける重要人物の一人として、野田秀樹と双璧と呼ばれるほどの活躍を続けた。90年代に入るころには総観客動員が4万人を超え、日本で有数の劇団にまで第三舞台を成長させていく。一方、エッセイストとしても数多くの著作を発表する他、オールナイトニッポンなどのパーソナリティやテレビ番組の司会など、八面六臂の活躍を見せた。

1991年には初の海外公演を敢行。また1997年にはロンドンへ演劇留学するなど、精力的に日本現代演劇を海外に紹介すべく活動を行った。

第三舞台は2001年に上演した「ファントム・ペイン」を持って活動を封印している(10年間)が、サードステージプロデュース作品やKokami@Network作品などを中心に現在も精力的に活動を続けており、タレント活動や雑誌の連載など執筆活動も盛んに行っている。