スマートフォン用の表示で見る

志賀直哉

キーワードの候補

2件

読書

志賀直哉

しがなおや

1883年2月20日宮城県石巻町生まれ。作家。1971年没。父直温、母銀の次男として生まれる。

主著
暗夜行路』、『小僧の神様』、『城の崎にて』、『和解』

1910年武者小路実篤有島武郎らと「白樺」を創刊。以降「白樺派」として戦前の小説界を牽引する。異名「小説の神様」。自らを題材に採った告白小説・私小説を中心として執筆。太宰治『如是我聞』などでの批判をのらりくらりとかわす。

読書

志賀直哉

しがなおや

阿川弘之の「志賀直哉」とその周辺の人物についての記録文学

野間文芸賞毎日出版文化賞を受賞。

志賀直哉〈上〉 (新潮文庫)

志賀直哉〈上〉 (新潮文庫)

志賀直哉〈下〉 (新潮文庫)

志賀直哉〈下〉 (新潮文庫)