スマートフォン用の表示で見る

写経

一般

写経

しゃきょう

1.経文を書写すること。また、書写した経文。仏典の保存や仏典書写による功徳(くどく)などを目的とする。

2.文章を、紙に書き取らせ、反省を促す行為を仏教写経になぞらえた言葉。学校や職場の懲戒処分の一環として用いられる。生徒手帳の丸写しや規律・規則について、書かれた文の丸写しなどが主な例。JR福知山線脱線事故では、この「写経」などの時代遅れの懲戒処分に対して、批判が集まった。

3.プログラミングや設計技術の学習手法の一つ。サンプルプログラムや地の文をエディタで打ち込んで理解を進めていく。