断捨離

(一般)
だんしゃり

家のガラクタを片付けて、心のガラクタをも整理するという、クラター・コンサルタントのやましたひでこが提唱する生活術。
ヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」をもとに生まれた言葉。

  • 「断」:入ってくる要らないモノを断つ。
  • 「捨」:家にはびこるガラクタを捨てる。
  • 「離」:モノへの執着から離れ、“自在”の空間へ移る。

引き算の解決方法

自分とモノとの関係を見直し、モノへの執着を捨てて、自分に必要の無いものをどんどん引き算で除外していく。そういった基本姿勢を身に付けることで、住まいや暮らし、ひいては人生の新陳代謝を促し、身も心も人間関係もスッキリさせて、自らを取り巻く環境を改善を試みる処世術である。

「ダンシャリアン」

断捨離を実行している人。

関連リンク

新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」

見てわかる、「断捨離」 (マガジンハウスムック)

見てわかる、「断捨離」 (マガジンハウスムック)

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ