スマートフォン用の表示で見る

人柱

一般

人柱

ひとばしら
  1. 工事の無事を祈るため、建造物の基礎に生贄として埋められる人。
  2. 転じて、ソフトウェアや新商品などの人工物のテストのために(時には自ら望んで)犠牲になる人。
  3. より広く、なにかの事柄を抑えるため、犠牲になる人。たとえば宮沢賢治の小説「グスコーブドリの伝記

で、冷害を抑えるために、ひとり施設に残り、自分の命と引き換えに火山噴火を誘導するといったお話。