スマートフォン用の表示で見る

水中毒

サイエンス

水中毒

みずちゅうどく

水分を過剰に摂取することで生じる中毒症状。低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症では死に至るケースもある。

概要

腎臓の利尿速度は毎分16mlのため、これを超えて摂取することで体重の水分割合が崩壊して細胞が膨張し、血液中のナトリウムイオン濃度(塩分濃度)が低下することで、最悪の場合は死に至る。

イベントでの「一気のみ」、ダイエットデトックス目的での多飲、運動時の水分補給には充分に注意する必要がある。

症状

血液中のナトリウムイオン濃度の低下に伴い

  • 軽度の疲労感。
  • 頭痛や嘔吐。
  • 気分が不安定になり、神経過敏や注意散漫になる。
  • 痙攣・昏睡、呼吸困難等により死に至る。

予防法

水分の過剰摂取が原因であるため、水分摂取の制限と水排泄の促進が主な予防法となる。