スマートフォン用の表示で見る

石橋山の戦い

社会

石橋山の戦い

いしばしやまのたたかい

石橋山の戦い(いしばしやまのたたかい)

1180年、小田原市南部の石橋山で行われた源頼朝挙兵後最初の合戦で治承・寿永の乱と呼ばれる諸戦役のひとつ。平家方の大庭景親らの軍に大敗し、頼朝は再挙のため一時安房に逃れた。安房より再挙後、鎌倉まで勝利を続け、結果として頼朝は関東を制することになる。