スマートフォン用の表示で見る

蘇我入鹿

一般

蘇我入鹿

そがのいるか

飛鳥時代の有力豪族。祖父・蘇我馬子、父・蘇我蝦夷を継いで大臣となる。

645年、「乙巳の変」で中大兄皇子中臣鎌足らの手により暗殺された。