スマートフォン用の表示で見る

地域ブランド

一般

地域ブランド

ちいきぶらんど

 その地域に存在する自然、歴史・文化、食、観光地、特産品、産業などの地域資源の「付加価値」を高め、他の地域との差別化を図ることにより、市場において情報発信力や競争力の面で比較優位を持ち、地域住民の自信と誇りだけでなく、旅行者や消費者等に共感、愛着、満足度をもたらすもの。

 特許庁では2006年10月27日、地名と商品・サービス名を組み合わせてブランドとして活用する地域団体商標地域ブランド)の登録の第1弾を発表。「黒川温泉」や「長崎カステラ」などが選定された。