スマートフォン用の表示で見る

鶴田浩二

映画

鶴田浩二

つるたこうじ

映画俳優、歌手。1924年12月6日〜1987年6月16日。

出身:静岡県浜松市生まれ(戸籍上)出生地:兵庫県西宮市

略歴

母方の祖母の手により私生児として育てられ、たまに母・君江が会いに来るのを楽しみにしていた。

母・君江は鶴田浩二の実の父の実家からその結婚を反対されたため入籍することができず、その後、小野忠次のもとへ嫁ぐ。

祖母の死後、母の嫁ぎ先であった小野家へ引取られることになり、小野忠次の子供となる。竜禅寺小学校卒業。

13歳、父の仕事で大阪市西成区へ移転。

14歳、映画俳優にあこがれ、伯父のつてで当時松竹の時代劇スターだった高田浩吉内弟子として、高田浩吉劇団に入る。

15歳、「会津の娘達」で白虎隊の少年という役の映画撮影中、肺炎とジフテリアにかかり1ヶ月以上の入院。退院後大阪此花商業学校に入学する。

19歳、関西大学専門部商科へ入学する。学徒動員令で徴兵検査を受け、甲種合格。1944年5月第1期海軍飛行科予備生徒として横須賀第2海兵団に入団し、終戦までの1年7ヶ月を約2800名の仲間と生死を共にする。その間、特攻隊として帰らぬ人になった大勢の戦友に対しての思いが、その後の人生に大きく影響を及ぼす。

20歳、横須賀海軍航空隊にて少尉で敗戦を迎える。9月、浜松で食料品店を開いていた両親のもとへ復員する。

21歳、生涯の師、高田浩吉浜松で再会。

22歳、高田浩吉劇団に研究生として入団。付き人として働く。大学を卒業。この年、肺浸潤に侵され、薬の副作用で左耳が難聴になる。左手を左耳に添えて歌う独特のポーズは、鶴田浩二が音を正確にとらえるためにと考えたものである。

23歳、高田浩吉の口利きで大曽根辰夫監督のもと松竹京都撮影所に入社。京都で宴席の後、後に妻となる東宝ニューフェイス中尾照子(18歳)に出会う。結婚が人気に影響する時代であり、照子は7年に及ぶ日陰の生活を強いられる。

24歳、長谷川一夫高田浩吉共演の時代劇「遊侠の群れ」に清滝の佐吉役でデビュー。

25歳、「フランチェスカの鐘」で初主演。続けて「殺人鬼」「薔薇はなぜ紅い」に準主演し、たちまち松竹のホープになる。鶴田浩二佐田啓二高橋貞二の青春三羽烏として人気をはくす。

26歳、「童貞」「エデンの海」、美空ひばり共演「あの丘越えて」などの話題作に出演、トップスターになる。

27歳、芸能雑誌「平凡」の人気投票で、2位の池部良、3位の長谷川一夫を大きく引き離しての第1位になる。

28歳、芸能界における興行権をめぐり暴力団による威嚇事件が起きる中、大阪で暴漢に襲われ軽傷を負う。俳優の独立プロ第1号となる新生プロを設立し、「弥太郎笠」、「ハワイの夜」を製作。この時共演した岸恵子と恋に陥り、失踪事件をおこす。ポリドールから「男の夜曲」で歌手デビュー。その後ビクターに移籍し、「ハワイの夜」「街のサンドイッチマン」などヒット曲を出す。

30歳、独立プロの経営はむずかしく、フリーとなり大映「愛染かつら」、東宝宮本武蔵」シリーズなど、松竹大映東宝新東宝東映など大手各社と契約し数多くの作品に出演、不動の人気を誇る。中尾照子と結婚。長女が誕生する。

31歳、野球好きが高じ、野球チームツルタヤンガースをつくり野球の用具から合宿、遠征費用等全て負担する。兵庫国体東京代表で出場、天皇盃の全日本軟式野球大会にも東京代表で出場。

33歳、東宝と専属契約する。「旅姿鼠小僧」以外に主演作品に恵まれず、初めて低迷期に入る。

34歳、東宝歌舞伎初舞台

35歳、東映に移籍。第1作「砂漠を渡る太陽」では、第2次大戦末期の日本人医師役にふんしたのを始め、本格的任侠物がスタートする数年間はあらゆるジャンルの作品に主演する。

39歳、「人生劇場・飛車角」での名演。続編もヒット。東映の任侠路線のスタートを切る。

40歳、本格任侠物「博徒」シリーズが始まり、高倉健藤純子と並んで、大衆を魅了する。

41歳、「明治侠客伝・三代目襲名」で任侠スター鶴田浩二を確立。

44歳、拓殖大学学生自治会で講演。以後任侠映画スターとして各地の大学に招かれる。

47歳、「傷だらけの人生」で、第18回京都市民映画祭主演男優賞を受賞。更に同映画の主題歌で第13回日本レコード大賞大衆賞、第2回日本歌謡大賞放送音楽特別賞など数々の音楽賞に輝く。

50歳、NHKドラマ、「男たちの旅路」シリーズで人間鶴田浩二の礎となっている戦争体験と、亡くなった多くの友の無念さを晴らす思いで熱演した、戦中派のガードマン役が話題となり大ヒットする。

53歳、「男たちの旅路、第3部・シルバーシート」で昭和52年度芸術祭大賞受賞。

60歳、最後の映画となる「最後の博徒」で主演の松方弘樹の兄貴分として助演する。NHK人間模様「シャツの店」(全6回)に出演。10月中旬、新宿慶応病院での定期検診で肺にうみがたまっているのが発見され、その後入退院を繰り返す。

62歳、1987年6月16日午前10時53分、肺ガンのため死去。