スマートフォン用の表示で見る

長谷川一夫

キーワードの候補

2件

映画

長谷川一夫

はせがわかずお

日本の俳優。

1908年京都生まれ。初世中村鴈治郎門下。もともとは「林長丸」の名で舞台で人気を博していた。後に「林長二郎」の名で日本映画の代表的な二枚目俳優となる。男形はもちろん、女形もこなし、宝塚歌劇団ベルサイユのばら演劇指導など、演劇会での地位も確立する。

映画『地獄門』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞。1984年に死去。死後、国民栄誉賞が贈られた。

主な出演映画

スポーツ

長谷川一夫

はせがわかずお

プロ野球選手・スカウト。

左投左打、ポジションは外野手背番号は49→9番。

1945年1月3日生まれ。埼玉県出身。

大宮工業高校から1963年、毎日大映オリオンズに入団。

東京オリオンズとなった2年目の1964年より外野手として一軍定着。

1973年にはオールスターに出場した。


1977年白仁天安木祥二との2対2の交換トレードで、倉持明と共にクラウンライターライオンズに移籍。

1978年7月11日、日本ハム・ファイターズ戦で8回2死1,3塁の場面で1試合のみ投手として登板。

ジーン・ロックレア?に初球を打たれ、サヨナラ負けとなった。


1981年、現役引退。

1982年西武ライオンズのスカウトに就任。

浦田直治に師事し、東海南関東地区担当のスカウトとして手腕を発揮。