スマートフォン用の表示で見る

箱男

一般

箱男

はこおとこ

(1)小説

安部公房が昭和48年3月に新潮社から書き下ろしとして出版した長編小説。

段ボール箱を頭からかぶった男が、ある地方都市(文中には「T市」と記されている)を徘徊する物語。

D

(2)事件

平成16年5月18日に千葉県松戸市で、64歳の男が自宅押入れ内の木箱に立てこもった事件。

千葉県松戸市で妻の知人男性(39)を自宅に監禁したとして、無職大橋弘容疑者(64)が人質強要処罰法違反の現行犯で逮捕された事件で、大橋容疑者は「箱ベッド」と呼ぶ約1メートル四方の手製木箱に男性を閉じ込め、一緒に中に入り、内側からくぎを打って出られないようにしていたことが19日、松戸東署などの調べで分かった。また、同容疑者が過去に放火で実刑判決を受けており、「裁判はでたらめ。やり直せ」などと同署員らに要求していたことも判明。同署などは監禁の動機について、さらに詳しく調べる。 

時事通信

(3)進ぬ!電波少年の企画、「電波少年箱男」。

人を信じられない芸人・川元文太ダブルブッキング) が120cmの立方体の箱の中に入る。鹿児島・佐多岬から東京まで箱を押してもらう事で直接人の優しさに触れ、川元文太が少しでも人を信用できる様する為の企画。

東京ゴールまで外に出られない。まさに人の善意だけで達成される。

http://www.ntv.co.jp/denpa/hako/index.htmlより

結局ルールが何度か変更される。よって佐多岬から東京までは実際には行っていない。

詳しくはhttp://www.ntv.co.jp/denpa/hako/index.html