Hatena Blog Tags

おせち

()
おせち

御節料理、お節料理。
正月や節句に用いる料理。
おせち料理が重箱で出される理由は「めでたさを重ねる」という意味で縁起をかついでいるため。
神様がお越しになる三ヶ日には、静かに、音を立てないために、家事を控える。
そのため、大晦日のうちにおせち料理を作り置きして、三ヶ日はこれを食べて過ごす、保存食の役割を担うとも言われている。

重箱

基本は四段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼ぶ。
四段目のお重を「四の重」と言わないのは「四」が「死」を連想させ縁起が悪いためである。
詰め方や料理などは地域やしきたりによって様々であるが、おせちに詰められる料理にはそれぞれ意味がある。

代表的な料理

  • 黒豆:一年中「まめ(まじめ)」に働き「まめ(健康的)」に暮らせるようにとの願いが込められている。
  • 数の子:たくさんの卵があるというところから、子孫繁栄の願いが込められている。
  • 田作り:稲の豊作を願う気持ち、五穀豊穣の願いが込められている。
  • 海老:腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められ、海老の赤色は魔よけの色とも言われている。
  • 昆布巻き:「よろこぶ」 の語呂合わせから祝いの儀には欠かせない食材。
  • きんとん:「金団」と書き、その色から財産、富を得る縁起物とされている。
  • 紅白なます:紅白のおめでたい色は水引を表し、紅白の組み合わせは平和を願う縁起物。

基本とコツがきちんとわかる おせち料理とほめられレシピ

基本とコツがきちんとわかる おせち料理とほめられレシピ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

柳生本文

さて僕は宇宙戦艦ヤマトに夢中になり、戦争物語に憧れ高校生の頃太宰治に衝撃を受けて作家を目指し地獄ものという文学作品に夢中になりましたが地獄や戦争物に平和や天国というハッピーエンドがなくしかも戦争や地獄に見えるものが戦争でも地獄でもない究極のハッピーエンドを描きたい。例えば殺人事件や犯罪を完璧に防ぐ完全無欠の名探偵です。僕はミステリーも読んでましたが、ミステリーは基本大嫌いでした。それはことごとく名探偵と呼ばれる連中が犯罪や殺人一切防げずに本当に意味でハッピーエンドが一切ありません。 これから私は一切の存在、世界、全体、全部、全数列、全言語、全情報、全物質、全観念、全身物質、全知性、全社会、全価…