はくたか

(地理)
はくたか

新幹線・特急列車の名称。

在来線特急「はくたか」

JR西日本・北越急行の特急で、金沢・富山と越後湯沢を北陸本線・ほくほく線経由で結ぶ。ほくほく線開業に伴い1997年運行開始。
車両はJR西日本の681系0番台ホワイトウイング編成と北越急行の681系2000番台・683系8000番台(全編成、金沢総合車両所配置)が共通運用で使用されている。上越新幹線と乗り継ぐことにより東京と北陸方面を結ぶ最短到達時間を実現している。編成は金沢側から6+3の9両編成で、最高速度は北越急行線内160km/hを誇り、これは京成電鉄「スカイライナー」と並んで国内の在来線では最高速である。

新幹線「はくたか」

北陸新幹線の東京〜金沢間直通列車のうち、「かがやき」として運行される列車以外の列車が「はくたか」を名乗る。

停車駅

東京、上野、大宮、(高崎)、(安中榛名)、(軽井沢)、(佐久平)、(上田)、長野、(飯山)、上越妙高、糸魚川、黒部宇奈月温泉、富山、新高岡、金沢

歴史

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ