ほくほく線

(地理)
ほくほくせん

北越急行鉄道路線六日町犀潟間 59.5km。1997年3月22日、開業。
建設当時「北越北線」と呼ばれていたものを略してひらがなにしたものだが、あくまで「ほくほく線」が正式名称である。「北越北線」と並行する「北越南線」の計画もあり、「南北戦争」とも言われる激しい誘致合戦の結果、北越北線が建設されることになった。が、建設中に「国鉄改革法」によって工事が凍結。北越北線を引き受ける第三セクター方式の「北越急行」が設立され、工事が再開されて開通した。
以前は上越新幹線越後湯沢駅直江津駅富山駅方面とを結ぶ特急「はくたか」号が、この路線を経由していた。特急はほくほく線内では160km/hという在来線では一番の高速運転を行っていた*1

駅・快速停車駅と接続路線

駅名 よみ
“えき”は略
所在市町村*2


接続路線
越後湯沢駅 えちごゆざわ 南魚沼郡湯沢町 上越新幹線
JR上越線
六日町駅 むいかまち 南魚沼市 JR上越線
魚沼丘陵駅 うおぬまきゅうりょう 南魚沼市 -
美佐島駅 みさしま 十日町市 -
しんざ駅 - 十日町市 -
十日町駅 とおかまち 十日町市 JR飯山線
まつだい駅 - 十日町市 -
ほくほく大島駅 -おおしま 上越市大島区 -
虫川大杉駅 むしがわおおすぎ 上越市浦川原区 -
うらがわら駅 - 上越市浦川原区 -
大池いこいの森駅 おおいけいこいのもり 上越市頸城区 -
くびき駅 - 上越市頸城区 -
犀潟駅 さいがた 上越市大潟区 JR信越本線
直江津駅 なおえつ 上越市 JR信越本線北陸本線

越後湯沢−六日町間はJR上越線に乗り入れ。この間、一部の普通列車のみ塩沢駅に停車する。
犀潟−直江津間はJR信越本線に乗り入れ。
※一部列車はえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインに乗り入れ。

凡例
●:すべて停車
|:すべて通過


リスト::鉄道路線

*1:京成のスカイライナーと並ぶタイ記録。

*2:全線が新潟県内。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ