イギリス

(地理)
いぎりす

グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
英吉利、英国
イングランドスコットランドウェールズ北アイルランドから成る立憲君主国家。

基本情報

国旗

ユニオンジャック

国歌

God save the queen

面積

約24万4000㎢(日本の約3分の2)

人口

約6180万人(2010年)

首都

ロンドン

その他

  • 国民の半数以上は英国国教会の信者。英国国教会の首長はイギリスの統治者である。
  • 国際連合安全保障理事会の常任理事国で3番目の核保有国
  • ロンドン証券取引所は世界三大証券取引所の一つ
  • 「イギリス料理はまずい」というイメージは有名。これについてはイギリス人も認めているといわれ、ジョークにも用いらることもしばしばある。下記はジョークの一例。

世界で一番幸せな男は?
──アメリカの家に住み、イギリスの給料をもらい、中国の食事をとり、日本人の妻を持つ男。

じゃあ、世界で一番不幸な男は?
──日本の家に住み、中国の給料をもらい、イギリスの食事をとり、アメリカ人の妻を持つ男。

「イギリス」という呼称について

Inglez(ポルトガル語)の訛ったものか(古くは「エゲレス」とも)。日常的にはUK(United Kingdom、グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)を指すことが多い。しかし、イングランドを意味すると捉える人もいる。このあたりの使い分けは、人によって微妙な温度差がある。例えば、日本在住のイングランド人とスコットランド人など。気にする人は気にするので、注意が必要といえば必要。スコットランドや北アイルランドに住む人々の一部では、イングランドと一緒に思われたくない、という気持ちがあるようだ。

イギリスの階級社会について

イギリスは王族、貴族が存在することからみても明らかなように階級が存在する。日本人的感覚からは想像しにくいものであるが、階級を超えた交流は少なく、階級は生まれながらのもので抜け出すことはほぼできない。
階級によってしゃべり方、身につけているもの(服装)、読む新聞、教育、行くパブ等、あらゆるものが異なっている。

UPPER CLASS(上流階級)

王室、貴族階級、ジェントルマンの階級。
単なるお金持ちではなく、代々続く社会的地位や広大な土地を持っている階級。

MIDDLE CLASS(中流階級)

ホワイトカラーの労働者や資本家。服装に気をつかう。子どもには高等教育を受けさせようとする意識がある。MIDDLE CLASS以上はネクタイを締めていることで識別できる。

UPPER MIDDLE CLASS

中の上。会社経営者等、非上流のお金持ち。日本で言う上流階級がこのあたり。

MIDDLE MIDDLE CLASS

中の中。生活に困ることはない程度。

LOWER MIDDLE CLASS

中の下。家計に苦しくなることもある。ただし、MIDDLE MIDDLE CLASSとLOWER MIDDLE CLASSの境界線は曖昧。

WORKING CLASS(労働者階級)

肉体労働者、日雇労働者。
服装に無頓着であるらしい。

イギリス〈2010‐2011〉 (地球の歩き方)

イギリス〈2010‐2011〉 (地球の歩き方)

るるぶイギリス (るるぶ情報版海外)

るるぶイギリス (るるぶ情報版海外)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ