ガウス

(サイエンス)
がうす

Johann Carl Friedrich Gauss
ドイツの数学者(1777-1855)。→ カール・フリードリヒ・ガウス
デデキントの師匠にあたる。アルキメデス、ニュートンと並ぶ3大数学者と呼ばれ、「数学の帝王」との異名を持つ。応用数学にも才能を発揮したため、現在応用数学の分野で業績を上げた人に、「ガウス賞」が授与されている。

物理単位

磁界の強さ (磁束密度) の単位。現在の計量法では、SI単位系のテスラを使うのが推奨されている (1ガウス = 1/10000 テスラ)。
およその目安として、1ガウスは日本付近における地球の磁場の強さの倍程度である。

* リスト::学者::自然科学
* リスト::数学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ