虚数

虚数

(サイエンス)
きょすう

虚部が非ゼロである複素数(\mathbb{C}\setminus\mathbb{R}の元)を虚数という。実数でない複素数であるともいえる。
単に2乗して負数となる数、つまり純虚数(虚数のうち実部が0となるもの)を指して虚数と呼ぶことも有る。

関連キーワード:複素数虚数単位ガウス平面複素平面
リスト::数学関連

ネットの話題: 虚数

人気

新着

新着ブログ: 虚数