キルケゴール

(読書)
きるけごーる

【Kierkegaard, Sören】
セーレン・キルケゴール
デンマークの哲学者 (1813.5.5-1855.11.11)
実存主義哲学の祖とされる。『あれかこれか』『反復』『死に至る病』『キリスト教における修練』など。


死に至る病 (岩波文庫)

死に至る病 (岩波文庫)

不安の概念 (岩波文庫)

不安の概念 (岩波文庫)

* リスト::学者::人文科学

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ