ディケンズ

(読書)
でぃけんず

Charles John Huffam Dickens, 1812-1870

19世紀イギリス小説の大家。特に長編小説を得意とし、緻密な描写力で当時のロンドンに住む人々を描き出した。労働者階級を主に描いた彼の作品は、当時は単なる通俗小説とも目されたが、死後しばらくしてから評価が高まった。ドストエフスキーからジョン・アーヴィングまで、後の小説家たちに影響を与える。

代表作

  • 『ボズのスケッチ』(Sketches by Boz, 1836)
  • オリバー・ツイスト』(Oliver Twist)
  • 『クリスマス・キャロル』(A Christmas Carol, 1843)
  • 『デヴィッド・コパーフィールド』(David Copperfield)
  • 二都物語』(A Tale of Two Cities, 1859)
  • 大いなる遺産』(Great Expectations)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ