Hatena Blog Tags

ノーマライゼーション

(社会)
のーまらいぜーしょん

障害者や高齢者など社会的に不利を受けやすい人々(弱者)が、社会の中で他の人々と同じように生活し活動することが社会の本来あるべき姿であるという考え方。また、弱者がスムーズに社会参加できるような環境の成立を目指す活動、運動のこと。Normalization。

概要

1950年代、デンマークの知的障害者の子を持つ親たちの会が、巨大な障害者施設の中で多くの人権侵害が行われていることを知り、その状況を改善しようと始めた運動からスタートしたとされる。提唱者であるバンク・ミケルセンは、ノーマライゼーションについて、「障害のある人たちに、障害のない人たちと同じ生活条件をつくり出すこと。障害がある人を障害のない人と同じノーマルにすることではなく、人々が普通に生活している条件が障害者に対しノーマルであるようにすること。自分が障害者になったときにして欲しいことをすること」と述べている。
わが国では、1993年(平成5年)にノーマライゼーションの思想に基づき障害者基本法が制定された。


ノーマライゼーションの原理―普遍化と社会変革を求めて

ノーマライゼーションの原理―普遍化と社会変革を求めて

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

何故、今、『患者自治会』なのか なぜに、これほどまでに 今のイマ時に、必要なのか? 『生きがいの格差』がアルんだ 『はたらきがいの格差』がアルんだ 『必要とされる実感の格差』がアルんだ 『スタッフ』側と『通所者利用者』側との間に 『必要とされる実感の格差』がアルんだ 『活動家運動家病者』と 『病者大衆病者庶民』との間に 『生きがいの格差』がアルんだ

「作業所患者自治会のススメ 」 口伝編 『生きがいの格差』 何故、今、『患者自治会』なのか なぜに、これほどまでに 今のイマ時に、必要なのか? 『生きがいの格差』がアルんだ 『はたらきがいの格差』がアルんだ 『必要とされる実感の格差』がアルんだ 『スタッフ』側と『通所者利用者』側との間に 『必要とされる実感の格差』がアルんだ 『活動家運動家病者』と 『病者大衆病者庶民』との間に 『生きがいの格差』がアルんだ 『本物のトモダチ』『本物の生きがい』『本物のはたらきがい』『本物の人間関係』『本物の友情』『本物の生きる実感』 『本物の必要とされている実感』を 見い出せる可能性を奪わないでくれ、ジャマし…