パレートの法則

パレートの法則

(一般)
ぱれーとのほうそく

イタリアの経済学者・社会学者、ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が、欧州各国や米国の統計データに基づいて統計的に所得配分の研究を行い、1896年にローザンヌ大学の論文集に成果を発表した法則。
別名2:8の法則とも言われます。
例として、全商品の20%が80%の売上であるとか、全顧客の20%が全体預金の80%を占めるとか、100の蟻の内、よく働くのは2割だけとか。

参考: パレート最適、パレート図

ネットの話題: パレートの法則

人気

新着

新着ブログ: パレートの法則