少彦名命

(一般)
すくなびこなのみこと

スクナヒコナとも。須久那美迦微、少彦名、少日子根など
古事記では神皇産霊神(かみむすびのかみ)の子とされ、日本書紀では高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の子とされる。当時の表現で、「手の付けようのないくそガキ」という意味の「手俣からくきいでる(指の間から漏れる)」と表現される。一応ひむしの服を着てガガイモの実でできた船に乗り海岸から現れた際、もてあそぶオホクニヌシの鼻へ噛み付いてはいる。

神道において日本に医薬を伝えたとされ、また大己貴命(大国主命)の国造りを手伝ったとされる。

大己貴命(大国主命)と二柱で医薬祖神。

一説に古事記の国生みイザナミが最初に産んだヒルコとも。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ