Hatena Blog Tags

東慶寺

(一般)
とうけいじ

神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺のこと。鎌倉尼五山の一。山号は松岡山、寺号は詳しくは東慶総持禅寺と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は北条貞時、開山(初代住職)は覚山尼(かくさんに)である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

青空の下,鎌倉英勝寺から亀ヶ谷切通を抜けて東慶寺まで散策してきました.英勝寺は,先日蕾だった白藤がまさに見頃.白い花穂とかぐわしき花の香に囲まれ,至福の一瞬を体験できます.連休中の鎌倉ではイチオシといっていいかもしれません.亀ヶ谷の切通は,古の鎌倉を偲ぶことができる気にさせてくれる行程.東慶寺. 今見頃の花は特にありませんが,新緑を堪能でき,また,鎌倉の清らかな空気を存分に味わうことができます.

連休2日目.またとない青空の下,鎌倉英勝寺から亀ヶ谷切通を抜けて東慶寺まで. 英勝寺は,先日蕾だった白藤がまさに見頃. 棚の下に身を置くと,白い花穂とかぐわしき花の香に囲まれ,至福の一瞬を体験できます.連休中の鎌倉ではイチオシといっていいかもしれません. 英勝寺は普段開けていない山門が開いていました. ツツジはそれほど多くないのですが,満開です. 竹林は,このお寺の庭の見所の一つ. 白藤です! 亀ヶ谷の切通は,短い道のりですが,古の鎌倉を偲ぶことができる気にさせてくれる行程で,新緑が爽やか. 東慶寺. 今見頃の花は特にありませんが,新緑を堪能でき,また,杉林とその下で生え替わった苔に覆われた墓…

東慶寺再訪  咲きそろった梅を見るため,そして,目的はもう一つ.先の訪問時に捜せなかった句碑・歌碑を捜すため.梅は,先日とは大違いで,かなり咲いていましたが木によっては,まだほんの少ししか開花していないものも.もう一つのお目当て,句碑・歌碑・詩碑. 墓所でいくつか探し当てることができました./ 赤い芽 空をめざす小さな赤い手の群(むれ) 祈りと知らない 祈りの姿は美しい  順// 光子 九十年 生き来し われか 目つむれば 遠汐さゐの 音ぞきこゆる

東慶寺を再訪しました. つい最近訪れたばかりですが,その時はまだ梅がチラホラ咲き始めたばかりでした. 咲きそろった梅を見るため,そして,目的はもう一つ.先の訪問時に捜せなかった句碑・歌碑を捜すため.その場所は,昨日,鎌倉文学館で聞くことができました. 梅はかなり咲いていました.先日とは大違いでしたが--- 木によっては,まだほんの少ししか開花していないものも. 我が家の梅と同じ.やや残念でした. 東慶寺には,建物のまわりや墓所に小さな仏像が所々に置かれていて,静かな祈りをささげています. もう一つのお目当て,句碑・歌碑・詩碑. 墓所でいくつか探し当てることができました. この女作者はいつも お…